会社概要ページ

会社概要のページに関してですが、意外な事にこのページの閲覧頻度は高いとされているのです。それを考慮すると、会社概要のページはそれを見ただけで自分達の事をよく分かってもらえるような内容でかつ信頼を得られるような内容とする事が重要となってきます。そのような内容とする為に含めるべき内容としては、会社名、会社の所在地、電話番号やメールアドレスといった全ての連絡手段、資本金、事業内容、会社へのアクセス方法、代表者名、会社の沿革、プライバシーポリシー等が挙げられます。さらなる信頼を得るという意味ではスタッフや代表者の写真、挨拶等も掲載することでお客様からの信頼感をより高めることが可能ですが、使用する写真に関しては真面目に撮影したものを掲載するようにしてください。

以上が会社概要ページのポイントとなりますが、自宅で経営されている方の中に住所等の肝心な情報が公開していないサイトが時々見受けられます。先ほどお話した通り、情報の少なさというのは逆に不信感を抱いてしまい、商品の売れ行きにも響いてしまうでしょう。商品を購入する側からすれば、そのような情報が書かれているかどうかが問題ですので、自宅であっても連絡先に関しては積極的に記載するようにしてください。

商品ページ

商品ページについては、沢山の情報を持って伝えていくことが大切と言えます。あなたが店で商品を購入する際、特に食品以外の商品では手に取った後、ひっくり返す等色々な角度から見た上で気に入ってから購入されるかと思います。ECサイトでもそれは同じで、色々な角度からの写真を載せることや写真にマウスポインタを乗せた時に拡大されるような設計にするとその商品の魅力が伝わりやすくなるでしょうし、写真だけでは伝わりにくいような事に関しては、文字で伝えるというのも一つの手段です。また、当然価格もお客様の購入意欲を左右するものですから、分かり易く表示することを心掛け、かつお得感を感じさせるものであると尚良いでしょう。

そして、忘れてはならないのが、過去にその商品を購入した方の商品レビューです。お客様が購入を迷っている時に真っ先に知りたいのは、過去にその商品を購入した方がどのような印象を持ったか?ということかと思われます。そこで、良いレビューがすぐに目に付く所に配置しておくことで、迷っているお客様もその商品を安心して購入することが可能となるのです。

商品ページに関する説明は以上ですが、ここでご紹介した内容を全て実現するとなれば、CSS等の知識が必須となってきます。ECサイトを構築の際には、CSSに関しても勉強しておく必要があるということを頭に入れておいてください。

TOPページは重要

トップページは店の出入り口という表現を先ほど致しましたが、店の出入り口となるとどうしても他にはないオリジナリティに溢れた内容にしたいものです。しかし、そのようなデザインとしてしまうと、訪れた人が慣れないせいもあり、何となく落ち着かないというイメージを抱かせてしまいます。あくまでも使いやすさを重視していくようにしましょう。そうなると、トップページ内にどのような項目をどのように配置するのか?といった点も重要となってくるわけです。

一般的に人がサイトを訪れた時、最初に目に入るのは真ん中だと言われます。ですから、真ん中に一番自信のある、もしくは売りたい商品の写真を配置していきましょう。また、全ページに共通して言えるのは、左側もしくは上側の部分に商品カテゴリーのリンクを配置し、左上端には店のロゴを配置してそれをクリックすることによってトップページへ行けるようにすると凄く便利なサイトとなってきます。

さらに、トップページ内に会社の連絡先や営業時間、商品の配送方法、当サイトの利用の仕方等といったお客様が気になる情報を記載することでお客様がより安心して買い物ができることにも繋がるでしょう。トップページはお客様が気になる情報がすぐに見つけられることが重要かと思われます。

ECサイトのページ構成

ECサイトを構築する以上、その店の商品が売れないことには構築する意味がありません。くら良い商品を取り扱っていたとしても、サイトが良くないと訪れた人も購入してくれないでしょう。例えば、店の出入り口とも言えるトップページに難があるとお客様がその段階で立ち去ってしまうこともあり得ます。

また、商品ページもインターネットですと直接手に取って見られないので、写真だけでその魅力が伝わるものでなければいけません。その他、会社概要ページも自分達に関する事を出来るだけ多く伝えていかないとお客様も信用できないため、やはり商品の購入をためらってしまいます。つまり、インターネット上では自分達の店がどんな店でどんな商品を取り扱っているのか?という点に関しては、サイト内の文字や画像でしか伝えることができないので、これらの情報だけで信頼され、購入したくなり、かつ分かりやすい内容のサイトを考えていく事が重要となってくるため、各々のページの項目の配置に関しても注意が必要です。

ただ、何となく項目を配置してしまうと、見たいページへのリンクが見つからないといったように凄く使い勝手の悪いページとなってしまいます。ECサイトを構築するというのは、以上のように考えるべき要素が複数存在するため、素人が構築するとなれば時間がかかってしまっても不思議ではありません。場合によってはECサイトの構築を請け負っている会社へ依頼することも考えておいてもいいでしょう。

参考資料〔ECサイト構築サービス MODD

今回はそんなECサイトを構築する上で必要な知識についてもう少し細かく見ていきたいと思います。